文庫
文庫

文春文庫

林家正蔵の告白酒場の藝人たち

矢野誠一

  • 定価:本体552円+税
  • 発売日:2006年01月11日

作品紹介

吉本興業社長、元宝塚の女優、落語家ら38人との交遊録、人物論

暴力団に啖呵を切った浅香光代、こっそり「色ざんげ」をした故林家正蔵。芸の世界で生きる人々の心あたたまる傑作エピソード集

担当編集者より
林家正蔵、鳳蘭、江戸家小猫、春風亭小朝、太地喜和子…。「矢野ちゃんだから話すけどさ」「取材だなんて気取ってないであんたが舞台に出たらどうだい?」。心から藝を愛する著者に、ポロリと本音をもらす役者たち。酒場でしか聞くことができないゴシップ満載の裏話をたっぷりとどうぞ。愛しき藝人達との交遊録。解説・常盤新平
商品情報
書名(カナ) ハヤシヤショウゾウノコクハク サカバノゲイニンタチ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年01月10日
ISBN 978-4-16-746012-9
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document