作品紹介

戦国時代の女だって戦場で闘う時もある!

武士の時代にあっては、女性はか弱くおしとやかのイメージが強いが、女だてらに戦場へ向かった6人の姿を描く歴史短篇小説の佳品

担当編集者より
戦いは男たちのするもので、女たちは家を守ると信じられていた昔々、女だてらに甲冑を着込み、兵たちを叱咤し、敵と斬り結んだ姫君たちがいた。木曾義仲の愛妾・巴御前を始め、瀬戸内の海賊を率いた大三島のつる姫や、石田三成に攻められながらも武州忍(おし)城で見事な篭城戦を指揮した甲斐姫の活躍など、全6篇を収録。解説・細谷正充
商品情報
書名(カナ) センゴクヒメムシャレツデン クロカミノタチ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年11月10日
ISBN 978-4-16-746111-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く