文庫
文庫

文春文庫

老醜の記

勝目 梓

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2010年02月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

老小説家と38歳年下の愛人の奇妙な関係

老小説家が、衰えと嫉妬の狭間で煩悶し、来し方を振り返り見つめる性と生。奔放な愛人との13年間の奇妙な愛欲の果てに見たもの

担当編集者より
老小説家が出会った38歳年下の女性。やがて、2人は恋人とも父子とも異なる奇妙な関係に。若い肉体を前に彼は、静かな諦念とともに染み入る性的な敗北感に倒錯的な安らぎを覚えはじめる。衰えと嫉妬の狭間で煩悶し、見つめる性と生。年の離れた男女の13年の軌跡を描く、『小説家』と対をなす自伝的作品。解説・石田衣良
商品情報
書名(カナ) ロウシュウノキ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年02月10日
ISBN 978-4-16-747903-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く