文庫
文庫

文春文庫

「この国のかたち」の十年司馬遼太郎の「かたち」

関川夏央

  • 定価:本体476円+税
  • 発売日:2003年02月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

司馬遼太郎が晩年十年の全精力を傾注した『この国のかたち』。原稿に添えられた未発表の書簡を含む豊富な資料でその全貌を検証する

担当編集者より
国民的作家・司馬遼太郎が晩年の十年間、その全精力を傾注し「文藝春秋」に書き続けた「この国のかたち」。さまざまな問題を提起したこの連載の原稿には、必ず編集長宛の手紙が添えられていた。それら未発表の書簡をはじめ、関係者の証言、膨大な資料の検証を通じて浮かび上がる、その痛烈な姿と「憂国」の動機。解説・徳岡孝夫
商品情報
書名(カナ) コノクニノカタチノジュウネン シバリョウタロウノカタチ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年02月10日
ISBN 978-4-16-751907-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く