作品紹介

依頼人が「無実」であるかよりも「無罪」にすることに重きを置く辣腕弁護士がはまった「法と正義」の罠。奥行きの深い法廷ミステリ

担当編集者より
裁判では負け知らず、どんな被告をも無罪にしてきた辣腕弁護士がひょんなことから引き受けた継父による少女レイプ事件の裁判。誰が見ても有罪なその父親の弁護をしたことから、事件をめぐる人々を巻き込む巧妙な犯罪計画が動き出した……。「法と正義」という重厚なテーマに挑んだ第一級のリーガル・サスペンス。解説・中嶋博行
商品情報
書名(カナ) ベンゴ
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2000年11月10日
ISBN 978-4-16-752764-8
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く