文庫
文庫

デッドリミット

ランキン・デイヴィス 白石朗・訳

  • 定価:本体790円+税
  • 発売日:2001年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

英国の首相の兄が誘拐された。要求は身代金ではなく、ある裁判の被告を無罪にすること。自らの政治生命と兄の命をかけ、首相が走る!

担当編集者より
ジェフリー・ディーヴァーか「十二人の評決」のレイモンド・ポストゲートか。解説の村上貴史さんは本書をそう評していらっしゃいます。首相たちによる誘拐犯との駆け引きと、お互いに腹を探り合う陪審員たちの駆け引きの二つが軸となり「デッドリミット」に向けて物語は疾走してゆきます。アメリカのリーガル・スリラーのような派手さはありませんが、イギリスものならではの重厚なタッチに酔いしれてください。またひとり、文春文庫に次作の楽しみな作家が増えました。(FK)
商品情報
書名(カナ) デッドリミット
ページ数 512ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年05月10日
ISBN 978-4-16-752775-4
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く