作品紹介

やり手検事が妻殺しで起訴された。法にたずさわるものが翻弄される無罪と無実のはざま。重厚なタッチで描かれるリーガルサスペンス

担当編集者より
二つの殺人事件が起こり、それに関わる二組の夫婦が、同じように証言台で嘘をつき通しますが、その結末はあまりに対照的です。なんのためなら、嘘をついても許されるのか。真実を暴くことが正義なのか。デビュー作『弁護』で、「トゥロー、グリシャムにつづくリーガル・サスペンスの巨星誕生」と謳われた著者が、同じ主人公アントネッリを通して、人の在り方まで問います。エンディングの余韻の深さを堪能してください。アントネッリ・シリーズは第三弾も準備中です。(HK)
商品情報
書名(カナ) ソツイ
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年07月10日
ISBN 978-4-16-752779-2
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document