作品紹介

『ぼくと、ぼくらの夏』の樋口有介、初期の傑作青春小説

15年前に家を出たままの親父が死んで、大学生のぼくに遺されたのは、2匹の蝶の標本と、季里子という名前の美しい「妹」だった…

担当編集者より
15年前に家を出たきり、会うこともなかった親父が死んだ。大学3年のぼくは、形見を受け取りに行った本郷の古い家で、消息不明の姉の存在を知らされ、季里子という美しい従妹と出会う。1人の女の子を好きになるのに遅すぎる人生なんてあるものか……夏休みの10日間を描いた、甘くせつない青春小説。解説・米澤穂信
商品情報
書名(カナ) ナツノクチベニ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年07月10日
ISBN 978-4-16-753108-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く