文庫
文庫

文春文庫

孫文の女

西木正明

  • 定価:本体705円+税
  • 発売日:2008年02月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

名も無き日本人女性たちが、東アジアの運命を左右した!

中国革命の父・孫文が滞日中に愛した二人の日本人女性の数奇な運命とは? 歴史の波間に消えていった女たちのドラマがいま蘇る

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
英雄色を好む——。日本亡命中の孫文は警察の厳しい監視下にありながら、二人の妙齢の女性と夫婦同然の生活をした。やがて革命の機運は満ち、運動に奔走する孫文の陰で、女たちがたどった数奇な運命とは。表題作など、東アジアの命運を左右した知られざる日本人女性たちの人生が、緻密な取材によりいま甦る。解説・保阪正康
商品情報
書名(カナ) ソンブンノオンナ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年02月10日
ISBN 978-4-16-753407-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く