文庫
文庫

文春文庫

幻想に生きる親子たち

岸田 秀

  • 定価:本体638円+税
  • 発売日:2006年02月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

理想の家族なんてどこにもない!

生まれつきの「親子愛」なんてない。詐欺は騙される方も悪い。不安のない人生なんて楽しくない。ご存知ものぐさ先生の辛口エッセイ

担当編集者より
岸田さんは一昨年3月に和光大学を定年退職しました。岸田さんが教員として勤め始めた頃は世間ではもう学生運動も下火になっていましたが、和光大学ではまだ内ゲバがあったり、キャンパスにテントを張って学生同士が同棲したりとなかなかユニークで自由に溢れた大学だったそうです。それだけに退職直後にあった、オウム真理教教祖の娘の入学取り消し事件は許せなかったとのこと。その思いが今回の文庫に長い「あとがき」という形で特別に書き下ろされています。少子高齢化という時代の流れの中で、大学もまた「幻想に生き」ているのだと思わされる興味深い論考。ぜひご一読ください。(KN)
商品情報
書名(カナ) ゲンソウニイキルオヤコタチ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年02月10日
ISBN 978-4-16-754009-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く