文庫
文庫

文春文庫

冬の水練

南木佳士

  • 定価:本体543円+税
  • 発売日:2006年10月06日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

穏やかな快復の日々、珠玉のエッセイ集

いまは、うつ病にからめとられながらも自裁せずに生き続けた自分を、それだけで肯定したい。静かなる希望が湧いてくるエッセイ集

担当編集者より
物置にあったラケットと古い電気スタンドから呼び覚まされる記憶、患者のおばあさんが持ってきたインゲンを前に診察室ではずむ胡麻和えのコツ……。心身の平穏に勝る人生の目標はもうない。いまは、うつ病にからめとられながらも、自裁せずに生き続けた自分をそれだけで肯定したいのだ。静かなる希望が湧いてくるエッセイ集。
商品情報
書名(カナ) フユノスイレン
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年10月10日
ISBN 978-4-16-754514-7
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く