作品紹介

稜線を渡る風が身の内を吹きぬける、山歩き短篇集

40年ぶりの再会。眩しかった彼女と浅間山へ——清冽にしてせつない珠玉の4篇。泉鏡花賞・芸術選奨文科大臣賞をW受賞した話題作

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
高校の同級生だった女性から手紙が届き、40年ぶりに再会して登った浅間山での1日。青春の輝きに満ちていた彼女だったが……。人生の復路に始めた山歩きだからこそ知るかけがえのないものとは。過ぎゆく時のいとおしさが稜線を渡る風とともに身の内を吹きぬける山歩き短篇集。各賞で絶賛された珠玉の4篇収録。解説・重松清
商品情報
書名(カナ) クサスベリソノタノタンペン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2011年09月10日
ISBN 978-4-16-754518-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く