文庫
文庫

文春文庫

心に残る物語――日本文学秀作選幸せな哀しみの話

山田詠美 編

  • 定価:本体629円+税
  • 発売日:2009年04月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じシリーズの本一覧を見る

作品紹介

この傑作の数々に、あなたの文学観はくつがえる

庄野潤三、八木義徳、河野多惠子、草間彌生……。山田詠美さんがその感性で厳選した官能と恐怖、鋭利で豊かな物語の傑作アンソロジー

担当編集者より
文春文庫は5年前、宮本輝さん、浅田次郎さんに、ご自身が愛読し多くの人に読んでもらいたい傑作を選んでいただきアンソロジーとして刊行しました(『魂がふるえるとき』『見上げれば星は天に満ちて』)。創刊35周年の今年、さらに山田詠美さん、沢木耕太郎さん、桐野夏生さん、石田衣良さんにこのシリーズをお願いしております。第1弾の山田詠美さんが選んだのは、半村良、赤江瀑、河野多惠子、八木義徳……、とびきりの8篇です。(MK)
商品情報
書名(カナ) ココロニノコルモノガタリニホンブンガクシュウサクセン シアワセナカナシミノハナシ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年04月10日
ISBN 978-4-16-755807-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く