文庫
文庫

文春文庫

ハンガリー事件から、湾岸戦争、ソ連邦崩壊まで危機の政治学

佐々淳行

  • 定価:本体571円+税
  • 発売日:2005年01月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

我々の平和と安全に問題はないか

湾岸戦争、ソ連解体時の教訓から、難民、環境、麻薬、エイズなど近未来の危機まで危機管理の第一人者が論じた原理的な国際政治論

担当編集者より
我々の平和と安全に問題はないか。北方領土にこだわると相手の術中に陥る。日本の大新聞は、世論をミスリードしても責任を取らない——。危機管理の第一人者が、湾岸戦争、ソ連邦解体の教訓から、難民、環境、麻薬、エイズなど、近未来の危機について原理的な考え方を記す書。27歳警部時代に書いた論文も収録。解説・粕谷一希
商品情報
書名(カナ) ハンガリージケンカラワンガンセンソウソレンポウホウカイマデ キキノセイジガク
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年01月10日
ISBN 978-4-16-756012-6
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く