作品紹介

あの大人しい女は、どこへいっちまったのか

「探さないで」と置き手紙を残し、忽然と消えてしまった幼馴染み弥惣吉の女房。中山道へ行方を追う爽太たちが出合ったものは…

担当編集者より
ウナギが苦手な鰻屋の若旦那にして、十手持ちの爽太が活躍する「爽太捕物帖」が帰ってきました! 「探さないで」という置手紙を残して忽然と消えてしまった幼馴染みの弥惣吉(やそきち)の女房。今回は、その行方を追って、中山道を駆け巡ります。おとなしくて健気と評判だった女に何があったのか。江戸から高崎、安中(あんなか)と辿る探索行は、登場人物たちの来し方を振り返る旅となり、まるでロードムービーのような情趣も残ります。若き爽太たちの姿、そして江戸下町の哀歓を描いた、情感あふれる傑作長編です。(MN)
商品情報
書名(カナ) キエタヒトタチ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年03月10日
ISBN 978-4-16-757606-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く