作品紹介

明治から昭和まで、始発駅で交錯する恋と夢

開業時の姿に復元されつつある東京駅。明治の建設当時から昭和の激動期まで、この駅で繰り広げられた人間模様を描いた傑作小説

担当編集者より
創建当時(1914年)の姿に復元するため、工事の真っ最中にある東京駅。この日本の玄関口で、明治の建設時から昭和の終戦直後まで繰り広げられた人間模様、交錯する人生を「グランドホテル形式」で丹念に描きます。上京して東京駅の工事現場で働く若者、ステーションホテルを拠点にする結婚詐欺師、歌人を目指して上京した娘……それぞれの時代の夢が駅を行き交います。なにげなく利用している駅が、読んだ日から違って見えてくる9つの物語です。(MN)
商品情報
書名(カナ) トウキョウエキモノガタリ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年08月10日
ISBN 978-4-16-757607-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く