作品紹介

いまわの際に聴きたい愛しい歌たち……

壮大な鎮魂曲「海ゆかば」、日本の母たちに歌い継がれてきた「朧月夜」「夏は来ぬ」――。懐かしい歌への追憶を綴るエッセイ集第二弾

担当編集者より
「ラスト・ソングを選ぶということは、自分の人生をどんな気持ちで終わるかということである」人生の最後の刻に何を聴きたいかをテーマに綴るエッセイ集第二弾。壮大な鎮魂曲「海ゆかば」や憂国の心情溢れる「青年日本の歌」、幼い頃から親しまれてきた小学唱歌「朧月夜」「月の砂漠」など懐かしい歌たちへの追憶。解説・中野翠
商品情報
書名(カナ) ミンナユメノナカ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年04月10日
ISBN 978-4-16-758104-6
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く