文庫
文庫

文春文庫

おいしい女たち飲食男女

久世光彦

  • 定価:本体543円+税
  • 発売日:2006年04月07日

作品紹介

女が物を食べる口元は、どうして色っぽいのだろう

ベッドで林檎を齧る女。お粥を作ってくれた女。朝の台所に立つ女。食べたもののある風景から立ちのぼる官能の記憶。傑作恋愛掌篇集

担当編集者より
食べることは色っぽい。味わうという言葉も、口に合わないという言い方も、考えてみれば男と女の味がする……。湯豆腐、苺ジャム、蕎麦、桃、とろろ芋、お汁粉、煮凝、ビスケット、無花果、おでん。食べもののある風景からたちのぼる、遠い日の女たちの記憶。ひたむきで、みだらで、どこか切ない19の掌篇集。解説・鴻巣友季子
商品情報
書名(カナ) オイシイオンナタチ オンジキナンニョ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年04月10日
ISBN 978-4-16-758105-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く