作品紹介

読者を耕してくれる豊かな北村ワールド

一途な愛に生きた高知の無名詩人。病床の女流歌人と作家のせつない書簡。すこやかな好奇心と鋭敏な感性あふれる北村文学館第2弾

担当編集者より
土井晩翠、藤原定家、加藤楸邨、正岡子規、ルナールら著名人の他、高知の詩人・大川宣純や版画家として知られる谷中安規なども登場。中でも掉尾を飾る中井英夫と中城ふみ子の往復書簡への思いは圧巻。真の読書家である作家のすこやかな好奇心と鋭敏な感性によって読者もまた心地よく耕される、豊かな北村ワールド。解説・島内景二
商品情報
書名(カナ) シイカノマチブセ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年03月10日
ISBN 978-4-16-758603-4
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く