文庫
文庫

文春文庫

昭和の悲劇山下奉文

福田和也

  • 定価:本体533円+税
  • 発売日:2008年04月10日

作品紹介

「最後の英雄」の栄光と無念に、昭和の本質を見る

難攻不落のシンガポールを攻略した英雄にして、絞首刑に処された山下奉文。昭和を体現した「マレーの虎」の栄光と無念を描く評伝

担当編集者より
「シンガポール陥落の英雄にして、絞首刑に処された山下奉文こそが、時代精神を余すことなく象徴している」(「あとがき」より)。「マレーの虎」と呼ばれ畏れられた「最後の英雄」がたどった栄光と無念の軌跡を追い、昭和という時代の実相を明らかにする。『乃木希典』に続く傑作評伝。新たに一章を加えた増補決定版。解説・黒野耐
商品情報
書名(カナ) ショウワノヒゲキ ヤマシタトモユキ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2008年04月10日
ISBN 978-4-16-759307-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く