作品紹介

忙しくて師も走るから12月は「師走」? マユツバだなあ

漢字の民間語源説の危うさを説いた表題作を始め、言葉に関連した面白エッセイが満載。高島「お言葉」ワールドはますます快調です

担当編集者より
12月を「師走」というその語源は「年末は忙しく先生までも走る」から、「塩梅(あんばい)」とは昔は塩と梅で味つけしたからとか、尤もらしく言われているけれど……漢字語源の俗説をついた連作をはじめ、名前にちなむ愉快な話、井伏鱒二が『唐詩選』から『臼挽歌』をへて名作『厄除け詩集』を作った経緯など、面白エッセイが満載。
商品情報
書名(カナ) カンジゴゲンノスジチガイ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-759808-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く