作品紹介

40歳でがん宣告。死と隣合わせになった時、人は何を考えどう生きるのか——

突然のがん宣告を経て、入院、手術、退院。再発の不安を抱えての一人暮らしが始まった。がんとの共存の日々を綴った渾身の闘病記

担当編集者より
40歳で突然のがん告知。入院、手術を経て、死への恐怖に襲われたのは退院直後。心と体のバランスをとりながら、再発の不安を抱えての生活が始まった。食事療法や漢方に取り組み、サポートグループに参加。不確かな日々の中で、人間としての主体性を決してがんに譲るまいとする著者の、心打つ静謐な記録。解説・竹中文良
商品情報
書名(カナ) ガンカラハジマル
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年04月10日
ISBN 978-4-16-759907-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く