作品紹介

今度の恋は、低く静かな旋律

人生の秋を迎えた男と女が、生と死を見すえつつ、深く静かに心を通わせる。閉塞した日常に訪れる転機を、繊細な筆致で描く短篇集

担当編集者より
彼の抱えた悲しみが、今、私の皮膚に伝わり、体の奥深くに染み込んできた——。人生の秋を迎えた中年の男と女が、生と死を見すえつつ、深く静かに心を通わせる。閉塞した日常に訪れる転機を、繊細な筆致で描く短篇集。表題作のほか、「観覧車」「ソリスト」「灯油の尽きるとき」「戦争の鴨たち」を収録。解説・永江朗
商品情報
書名(カナ) アキノハナビ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年11月10日
ISBN 978-4-16-760509-4
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く