作品紹介

恋の始まりも愛の終わりも、いつもそこに猫がいた

妻、親、愛人、恋人。彼らの関係を猫だけが知っていた。男と女の人生の機微に猫を絡めて描いた短篇集。表題作を含む6篇収録

担当編集者より
乳ガンの手術から快復した妻に突然別居を切り出された夫。移ろう人の気持ちに、いつも同じ場所でまどろむ猫には永遠を感じるが——。飼い猫へ深い愛情を示す以外は無味乾燥な生活を送る女に、男は居心地の良さを覚えてゆく。儚くも温かい表題作を含め、猫をテーマに男女の微妙な関係を鮮やかに描く6篇。解説・朝山実
商品情報
書名(カナ) ヒダリウデノネコ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年01月10日
ISBN 978-4-16-760607-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く