作品紹介

天才・信長の存在は偶然にあらず、必然なり!

信長は突然この世に出現したのではない。三代にわたる血の結晶が信長だった。生まれながらにして天下人の資質をそなえていたのだ

担当編集者より
足利義昭との溝が深くなった織田信長は、越前の朝倉義景や近江の浅井長政を滅ぼし、天下人への地歩を着実に固めていく。そして、甲斐の武田、本願寺を中心とする門徒衆、越後の上杉等と血みどろの死闘を繰り広げていく。次々と難敵を倒していく信長にとり、最後の大敵である西国・毛利討伐のため、京・本能寺へと向う……。
商品情報
書名(カナ) ノブナガ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年02月10日
ISBN 978-4-16-762711-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く