文庫
文庫

文春文庫

戦国繚乱

高橋直樹

  • 定価:本体619円+税
  • 発売日:2004年12月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

戦国の世、己れの他に何を信じられようか

黒田官兵衛の陰謀に散った、九州の名門宇都宮家。キリシタン大名大友宗麟、父との壮絶な抗争……乱世の波間に沈んだ男たちの物語

担当編集者より
策謀蠢く戦国の世に、それでも自らの矜持を貫いた男たちを描く傑作小説集! 黒田官兵衛の陰謀に散った九州の名門、城井一族の最期。キリシタン大名として知られる大友宗麟、知られざる父親との確執。生涯不犯を通して子を生さなかった上杉謙信の壮絶な跡目争い。もはや信じられるのは、おのれ一人なのか……。解説・寺田博
商品情報
書名(カナ) センゴクリョウラン
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年12月10日
ISBN 978-4-16-762904-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く