作品紹介

その後の自動車産業の流れを決定したトヨタ・GMの提携。両社の虚々実々の駆け引きを活写したビジネス・ノンフィクションの傑作

担当編集者より
80年代の初め。高まる貿易摩擦の緊張。“三河の田舎大名”トヨタは決断を迫られていた。日本のローカルメーカーで終わるか? 米国に進出か? トヨタのとった選択肢は、GMをパートナーに選び、米国で小型車の共同生産をすることだった。「トヨタ一人勝ち」の原点を描くビジネス・ノンフィクションの傑作。解説・佐々木譲
商品情報
書名(カナ) トヨタジーエムキョジンタチノアクシュ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2000年11月10日
ISBN 978-4-16-763902-0
Cコード C0134

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く