文春文庫

象の墓場王国記Ⅶ

花村萬月

  • 定価:本体686円+税
  • 発売日:2010年09月03日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

現代日本で信仰を問う「王国記」シリーズ第7作

八ヶ岳に拠点を移し、いよいよ「悠久寮」は神の「王国」へと動き始めた。だが朧は、自分が真の「王」ではないことを悟る。朧の決断は?

担当編集者より
八ヶ岳に拠点を移し「悠久寮」は神の「王国」へと動きはじめた。だが朧(ろう)は不可思議な力を発揮する息子・太郎をみて、自分が真の「王」ではないことを悟る。そして赤羽、百合香、教子、ジャンらはそれぞれ「王国」のなかに自分の居場所をみつけようと苦闘するのだった。現代日本で信仰の意義とかたちを問う「王国記」シリーズ第7弾。
商品情報
書名(カナ) ゾウノハカバ オウコクキ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年09月10日
ISBN 978-4-16-764210-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く