作品紹介

日本人の「義」とは何か。2003年初春映画化!

「死にたぐねえから人を斬るのす」新選組で、ただひとり庶民の心を失わなかった吉村貫一郎の非業の生涯を描く浅田次郎版「新選組」

担当編集者より
五稜郭に霧がたちこめる晩、若侍は参陣した。あってはならない“まさか”が起こった義士・吉村の一生と、命に替えても守りたかった子供たちの物語が、関係者の“語り”で紡ぎだされる。吉村の真摯な一生に関わった人々の人生が見事に結実する壮大なクライマックス。第13回柴田錬三郎賞受賞の傑作長篇小説。解説・久世光彦
商品情報
書名(カナ) ミブギシデン
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年09月10日
ISBN 978-4-16-764603-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く