作品紹介

こんなすごい小説を書ける日本人は彼女しかいない

第一次大戦中のヨーロッパ。特殊な「感覚」を持つ者たちの、裏社会での暗闘、そして儚い恋。芸術選奨新人賞受賞作『天使』の姉妹篇

担当編集者より
福田和也、荒俣宏など名だたる批評家を「こんなすごい小説を書ける日本人は彼女しかいない!」とうならせた佐藤亜紀さんの代表作で、芸術選奨新人賞を受賞した『天使』の姉妹篇です。時は第一次世界大戦の前後、ハプスブルク帝国崩壊の陰で、ジェルジュ・エスケルスら特殊な“感覚”を備えた工作員達が暗躍します。綿密な時代考証と精緻で流麗な文体に裏打ちされながら、スパイ小説、SF、西洋歴史小説とさまざまな要素を備えた実に魅力的な作品。研ぎ澄まされた文体で描かれる小説版「マトリックス」のような驚きに満ちた世界を、ぜひ“体感”して下さい。(UN)
商品情報
書名(カナ) ヒバリ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2007年05月10日
ISBN 978-4-16-764704-9
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く