文庫
文庫

文春文庫

戦争の法

佐藤亜紀

  • 定価:本体743円+税
  • 発売日:2009年06月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

1975年、N県独立! 鬼才・佐藤亜紀の幻の大傑作が蘇る

日本海側のN県が突如独立を宣言し、街にはソ連兵があふれた。中学生の「私」は親友の千秋と共に山へ入り、少年ゲリラの一員となる

担当編集者より
1975年、日本海側のN***県が突如分離独立を宣言し、街は独立を支持するソ連軍の兵で溢れた。父は紡績工場と家族を捨てて出奔し武器と麻薬の密売を始め、母は売春宿の女将となり、主人公の「私」は親友の千秋と共に山に入って少年ゲリラとなる……。無法状態の地方都市を舞台に人々の狂騒を描いた傑作長篇。解説・佐藤哲也
商品情報
書名(カナ) センソウノホウ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2009年06月10日
ISBN 978-4-16-764705-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く