文庫
文庫

「四億年の目撃者」シーラカンスを追って

サマンサ・ワインバーグ 戸根由紀恵・訳

  • 定価:本体705円+税
  • 発売日:2001年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

一九三八年、コモロ諸島で捕護されたシーラカンス――絶滅したはずの「生きた化石」を求めて、人々がくり広げた六十年間のドラマ

担当編集者より
1938年末、南アフリカで一匹の青く美しい魚が捕獲された。「生きた化石」と呼ばれ、約7000万年前に絶滅したと考えられていた古代魚、シーラカンスである。以来、その生きた姿を求めて熱心な探索が続き、近年では南シナ海でも生息が確認されている。幻の魚に魅せられた人びとがくりひろげた、60年におよぶ波乱に満ちた物語。
商品情報
書名(カナ) ヨンオクネンノモクゲキシャシーラカンスヲオッテ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年07月10日
ISBN 978-4-16-765110-7
Cコード C0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く