文庫
文庫

北朝鮮の子供たち脱北少年が見た“楽園”の真実

カン・ヒョク 檜垣嗣子・訳

  • 定価:本体590円+税
  • 発売日:2005年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

少年の心身に灼きついた異様な“楽園”の刻印

祖父母は日本からの帰国者。送金が止まり、飢えに襲われて家族は脱北。たどり着いた韓国で待っていたのは……少年の赤裸々な証言

担当編集者より
著者は1986年生まれ。「元在日」の家族は北朝鮮では比較的余裕のある生活をしていたものの、日本からの送金が途絶えるとともに次第に追い詰められていく。ついに中国、カンボジアを経て韓国に脱出するのですが、少年ならではの視点から描かれる北朝鮮社会の荒廃ぶりに改めて驚かされます。そして、いわば生まれたときから洗脳され、「社会主義と金正日同志」を信じてきた少年が外の世界に触れたときの戸惑いと苦しみが胸を打ちます。(KN)
商品情報
書名(カナ) キタチョウセンノコドモタチ ダッポクショウネンガミタラクエンノシンジツ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2005年11月10日
ISBN 978-4-16-765154-1
Cコード C0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く