作品紹介

法王は言った。「悪魔は実在する」

カトリックの総本山バチカンには法王公認のエクソシストたちがいる。LAタイムズの女性敏腕記者が深く分け入った「現代の悪魔祓い」

担当編集者より
バチカンには法王公認のエクソシストがいて、いまもハリウッド映画さながらの“儀式”が行われている。約2000年にわたるカトリックの歴史のなかで、それはどのように位置づけられ、悪に取り憑かれた人々を救済してきたのか? LAタイムズの女性敏腕記者がスリリングに暴きだす「現代の悪魔祓い」の闇と真実。解説・島田裕巳
商品情報
書名(カナ) バチカンエクソシスト
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年04月10日
ISBN 978-4-16-765167-1
Cコード 0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く