作品紹介

周恩来像を全面的に塗り替える、驚愕の書!

大宰相、周恩来。嫉妬に狂った毛沢東のもとで、彼はどのように生き延びたのか。元・公式伝記執筆者が極秘資料から明らかにする

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
毛沢東と周恩来の関係は、革命家としての友情と信頼に結ばれていたとされてきた。しかし実際には毛は、総理として着々と成果を上げ、国民的人気も高い周に最後まで猜疑心を抱き続け、蹴落とそうとしていた。嫉妬に狂った最高権力者のもとで周はどのように生き延びようとしたのか。極秘資料から明らかにする。解説・田中明彦
商品情報
書名(カナ) トウキミツブンショハカタル シュウオンライヒロク
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2010年05月10日
ISBN 978-4-16-765169-5
Cコード 0198

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く