作品紹介

昭和十年から三十年の間に公開された映画から、日本人の根底にある心情や思考法を鋭く読み解く、目からウロコの片岡流映画鑑賞法

担当編集者より
近年では小説ばかりでなく、『日本語の外へ』など評論でも注目を集めている著者による、異色の映画論です。ここで取り上げられている映画は、昭和十年から三十年までに公開された作品ですが、著者はそれらをリアルタイムに見ていたわけではありません。それどころか日本映画そのものを、ほとんど見たことがなかったそうです。「古き良き」日本映画を、ノスタルジーを交えぬ冷静な視線で鑑賞した著者の目には、日本人の心の奥にある願望や感性が手に取るように映し出されたようです。(AK)
商品情報
書名(カナ) エイガヲカク ニホンエイガノゲンフウケイ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年05月10日
ISBN 978-4-16-765603-4
Cコード C0174

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く