文庫
文庫

文春文庫

祈り 美智子皇后

宮原安春

  • 定価:本体505円+税
  • 発売日:2001年12月07日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

人間皇后の「封印された悲しみ」を静かに物語る

ハンセン病患者や被災者を献身的に慰問する皇后の美しさはどこからくるのか? 厳しい宮中の掟の下で自らを鍛えられた高貴な半生

担当編集者より
民間から皇后の位にお就きになりお言葉を失われた美智子さまは、どのようにしてご恢復への途を歩まれたのか? 初めて解き明かされる「人間・皇后」の魂の遍歴、封印された悲しみ。軽井沢への深い想い、ベルギー王室との交流、神谷美恵子の存在など、知られざるエピソードで織りなす、格調高きノンフィクション。解説・松崎敏彌
商品情報
書名(カナ) イノリミチココウゴウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2001年12月10日
ISBN 978-4-16-765618-8
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く