文庫
文庫

文春文庫

僕は生涯そば打ちでいたいそば屋 翁

高橋邦弘

  • 定価:本体560円+税
  • 発売日:2002年11月08日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

本当にうまいそば屋の噺

南長崎、八ヶ岳で全国のソバ通を唸らせた手打ちそばの店“翁”。その主人が語るライフ・オブ・そば。読めば必ずそばが食べたくなる

担当編集者より
いまでこそ、東京から遠く離れた田舎で、美味いそばをだす店なんて珍しくもありませんが、昭和六十一年、南長崎にあったそばの名店「翁」が八ヶ岳の麓に移転した時、東京のそば好きはショックを受けたものでした。大丈夫か? そんな田舎で。巷の懸念も、なんのその。しばらくたって、うまいそばなら八ヶ岳へ、と全国からそば好きが集まる店となりました。本書はその「翁」の店主高橋氏が生い立ちから現在に至るまでを語った職人噺です。(IM)
商品情報
書名(カナ) ボクハショウガイソバウチデイタイ ソバヤオキナ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2002年11月10日
ISBN 978-4-16-765647-8
Cコード 0195

著者

高橋 邦弘

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く