文庫
文庫

文春文庫

淳之介さんのこと

宮城まり子

  • 定価:本体638円+税
  • 発売日:2003年04月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

一日も逢わずにいられない——それがはじまりだった

出会いからその死まで、三十七年にわたり、いつも傍らで作家・吉行淳之介を見つめてきた著者が、思い出すままにつづる作家の生活

担当編集者より
一日も逢わずにいられない——それがはじまりだった。以来、作家・吉行淳之介をずっと傍らでみつめてきた。彼が家を出るとき、その背中に「このひとはもう帰ってこないかもしれない」と思ったこともあった。そしてガンの告知を受け、ついに力尽きて「まりちゃん……」と言い残して逝ってしまうまで、この恋は37年間つづいた。
商品情報
書名(カナ) ジュンノスケサンノコト
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年04月10日
ISBN 978-4-16-765662-1
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く