文春文庫

依頼人は死んだ

若竹七海

  • 定価:本体620円+税
  • 発売日:2003年06月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

念願の詩集を出版し順風満帆だった婚約者の突然の自殺に苦しむ相場みのり。健診を受けていないのに送られてきたガンの通知に当惑する佐藤まどか。決して手加減をしない女探偵・葉村晶(あきら)に持ちこまれる様々な事件の真相は、少し切なく、少しこわい。構成の妙、トリッキーなエンディングが鮮やかな連作短篇集。解説・重里徹也

【追記】「アメトーーク」の「本屋で読書芸人」でカズレーサーさんに「女探偵・葉村晶シリーズ」の『静かな炎天』を推薦していただきました!

担当編集者より
念願の詩集を出版し順風満帆だった婚約者の突然の自殺に苦しむ相場みのり。健診を受けていないのに送られてきたガンの通知に当惑する佐藤まどか。決して手加減をしない女探偵・葉村晶(あきら)に持ちこまれる様々な事件の真相は、少し切なく、少しこわい。構成の妙、トリッキーなエンディングが鮮やかな連作短篇集。解説・重里徹也
目次
「濃紺の悪魔」
「詩人の死」
「たぶん、暑かったから」
「鉄格子の女」
「アヴェ・マリア」
「依頼人は死んだ」
「女探偵の夏休み」
「わたしの調査に手加減はない」
「都合のいい地獄」
商品情報
書名(カナ) イライニンハシンダ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年06月10日
ISBN 978-4-16-765667-6
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く