作品紹介

江戸開府400年。徳川家の秘密が明かされる

「最後の将軍」徳川慶喜の曾孫にしか書けなかったひいおじいさんのこと、徳川慶喜家のその後、そして徳川家の秘宝や自分のこと

担当編集者より
著者の職業はカメラマン。曾祖父の十五代将軍徳川慶喜は、写真が魂を抜くと言われた時代に自らたくさんの写真を撮り、また撮られた人でしたから、まさに直系の曾孫です。彼が、慶喜家に代々伝わる秘宝や逸品のこと、モテモテだったひいおじいさんのこと、徳川慶喜一族のその後、そして自分のことを軽妙な文章で綴ったのが本書。一般庶民には窺い知れない徳川ワールドは意外と人間くさいのです。江戸開府四百年にちなんでの文庫化です。(SO)
商品情報
書名(カナ) ワガヤニツタワルアイスベキサイゴノショウグンノヨコガオ トクガワヨシノブケニヨウコソ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年09月10日
ISBN 978-4-16-765680-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く