鬼平犯科帳人情咄私と「長谷川平蔵」の30年

高瀬昌弘

  • 定価:本体571円+税
  • 発売日:2003年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

松本幸四郎(白鸚)から中村吉右衛門まで

三十二年間「鬼平犯科帳」を撮影してきた監督がつづる撮影秘話。池波正太郎との交友から、幸四郎、丹波、吉右衛門のエピソードが満載

担当編集者より
松本幸四郎(白鸚)主演にはじまり中村吉右衛門主演で黄金時代を築いたテレビ時代劇「鬼平犯科帳」シリーズ。総数百三十三本のうち七十七本を監督した著者が見た「鬼平」撮影秘話。監督は三十八歳で「鬼平」と出会い、以来三十年間、「鬼平」を撮影する日々が続いた。その間には原作者の池波正太郎との交友はもちろん、松本幸四郎、丹波哲郎、萬屋錦之介、そして中村吉右衛門の各主役とのさまざまなエピソードがあり、監督ならではの「鬼平」論も展開される。書下ろしエッセイ。(SO)
商品情報
書名(カナ) オニヘイハンカチョウニンジョウバナシ ワタシトハセガワヘイゾウノサンジュウネン
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年11月10日
ISBN 978-4-16-765683-6
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く