文庫
文庫

カルトの子心を盗まれた家族

米本和広

  • 定価:本体638円+税
  • 発売日:2004年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ママの魔法がとけますように!

親がカルト宗教に入信したとき、その子どもたちはどうなるのか? オウム、エホバ、ヤマギシを中心に崩壊する家族の実態を暴くルポ

担当編集者より
平凡な家庭にカルト宗教が入り込んだ時、子どもはどんな影響を受けるのだろうか。親からの愛情や関心を奪われ、集団の中で精神的、身体的虐待を受けて心に深い傷を負った子どもたち。本書は、カルトの子が初めて自分の言葉で語った壮絶な記録であり、宗教に関わりなく現代の子育ての闇に迫るルポルタージュである。解説・斎藤環
商品情報
書名(カナ) カルトノコ ココロヲヌスマレタカゾク
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年02月10日
ISBN 978-4-16-765693-5
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く