作品紹介

初めて明かされる家庭人クロサワ

『七人の侍』打ち上げの日に生まれ、晩年の15年、黒澤家のシェフを務めた娘ゆえに書くことができた巨匠の知られざる真実と父娘の情愛

担当編集者より
世界にその名を轟かす大映画監督を父にもつとは、一体どういうことなのだろう? 『七人の侍』製作打ち上げの日に生まれ、父の晩年の15年間、黒澤家のシェフを務めたがゆえに描くことができた巨匠の素顔、そして父娘の愛情物語。家庭人クロサワの生態を初めて捉えた本書は、作品鑑賞の確かな助言ともなろう。解説・小泉尭史
商品情報
書名(カナ) パパクロサワアキラ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2004年02月10日
ISBN 978-4-16-765697-3
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く