文庫
文庫

二人で建てた家「田園に暮す」それから

鶴田静 エドワード・レビンソン・写真

  • 定価:本体667円+税
  • 発売日:2006年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

美しい自然の中に終の住処を建てた!

房総でオーガニック・ライフを実践、写真家の夫と手探りで家造り。田園生活のヒント、インテリア、料理などを美しい写真とともに紹介

担当編集者より
視界260度の大パノラマ。「決めた。ここが二人の終の住処“ソローヒル”」。房総の丘でオーガニックライフを実践するエッセイストと写真家夫妻は、500坪の元棚田に井戸を掘り道を均し、家を作った。仕事場と生活の場の2棟、それを繋ぐオープンデッキ、野菜と花木が共生する豊饒の庭。本書は2年に及ぶ「癒しの場」誕生の記録。80点の美しい写真を収録。
商品情報
書名(カナ) フタリデタテタイエ デンエンニクラスソレカラ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年03月10日
ISBN 978-4-16-766099-4
Cコード C0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く