文庫
文庫

闇の果ての光

ジョン・スキップ クレイグ・スペクター 加藤洋子・訳

  • 定価:本体829円+税
  • 発売日:2003年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

そいつは地下鉄からやってくる

NYの地下鉄で頻発する異常殺人。それが吸血鬼の仕業と知る男女は、そいつを倒すべく地下へ……。強烈な疾走感を誇る現代ホラー巨編

担当編集者より
ホラーの世界で最大の怪物と言えば、やはり吸血鬼。ドラキュラ伯爵を“父”として、無数の吸血鬼が生み出されてきました。本書は、きわめて今日的な吸血鬼の物語です。なにせ吸血鬼が跳梁するのは犯罪都市ニューヨーク、闇に閉ざされたその地下鉄網なのですから。鬱屈した憎悪を抱えた現代的な若者が吸血鬼となり、己の残虐性の赴くままに惨劇をひきおこしてゆきます。終盤では、鮮やかに描かれたNYの街での吸血鬼狩りが展開されます。その強烈な疾走感に圧倒されてください。(NS)
商品情報
書名(カナ) ヤミノハテノヒカリ
ページ数 544ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年01月10日
ISBN 978-4-16-766126-7
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く