文庫
文庫

あのころ、私たちはおとなだった

アン・タイラー 中野恵津子・訳

  • 定価:本体800円+税
  • 発売日:2003年07月

作品紹介

一度ハマるとくせになるA・タイラーの世界

人生をやり直すのに遅すぎることはない――そう決意した53歳の主婦の冒険を絶妙なタッチで綴った待望の最新作。全米ベストセラー

担当編集者より
五十三歳になった今、ふと自分は間違った人生を歩んできたのではないか、と思い始めたレベッカは、十九歳のときにふった元恋人に電話をかける決心をする。そう、やり直すのに遅すぎることはない、と考えて――。絶妙なユーモア・センス、個性的な脇役たち。A・タイラー待望の最新作は、今までで一番会話が多く、一番オカシイです。そして、いつものように物語の底に流れているのは、過ぎ去っていく日々に対するやるせないほどの寂寥感……。熟練した名人芸をぜひ堪能してください。(KK)
商品情報
書名(カナ) アノコロワタシタチハオトナダッタ
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年07月10日
ISBN 978-4-16-766139-7
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く