文庫
文庫

ヴードゥー・キャデラック

フレッド・ウィラード 黒原敏行・訳

  • 定価:本体943円+税
  • 発売日:2003年07月

作品紹介

『神は銃弾』のB・テランも絶賛の痛快犯罪小説

元CIA局員が企む資金詐取作戦。計画を阻むは金の匂いに釣られた悪党と謎の美人秘書。裏切りと狂騒の末に金を手にするのは誰か?

担当編集者より
編集作業を進めながら、つい笑い声をあげてしまい、咳ばらいなどしてごまかしつつ読み進めたのがこれ。元スパイの仕掛けた現金詐取計画に群がった悪党に美女、好き放題に暴れ回る彼らが緻密な計画をぶち壊してゆくさまを描く犯罪小説です。あの戸梶圭太氏も「死んでも誰も困らない奴がてんこもり!」と太鼓判を押し、『神は銃弾』のボストン・テランも快哉を叫んだ猛スピードの痛快作。新人ウィラードが次から次へと繰り出すアイデアに腹を抱えていただきたく思います。(NS)
商品情報
書名(カナ) ヴードゥーキャデラック
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2003年07月10日
ISBN 978-4-16-766141-0
Cコード C0197

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く