文庫
文庫

文春文庫

歴史を動かす力司馬遼太郎対話選集3

司馬遼太郎

  • 定価:本体630円+税
  • 発売日:2006年05月10日
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

「もし路傍の私に、氏が声をかけてくださらなかったら、私はおそらく第三作目を書くことをやめ、作家になっていなかったであろう」――司馬が長く徳とし続けた海音寺潮五郎とのニ昼夜に及ぶ対談ほか、江藤淳、子母澤寛らと語り合った歴史の転換期、そして主に幕末を透徹したまなざしで振り返る。

目次

日本の歴史を点検する 海音寺潮五郎
天皇制とはなにか
産業革命と危機意識
西郷と大久保
日本人の意識の底
幕末のエネルギー

幕末よもやま 子母澤寛

近世人にとっての「奉公」 朝尾直弘

織田信長・勝海舟・田中角栄 江藤淳

日本人の行動の美学 奈良本辰也

吉田松陰の脂質と認識 橋川文三

坂本龍馬の魅力 芳賀徹

師弟の風景 大江健三郎

教養の厚い岩盤 解説・解題 関川夏央

担当編集者より
もし路傍の私に、氏が声をかけてくださらなかったら、私はおそらく第三作目を書くことをやめ、作家になっていなかったであろう——司馬が永く徳とし続けた海音寺潮五郎との、二昼夜に及ぶ対談「日本歴史を点検する」をはじめ、江藤淳、大江健三郎、子母澤寛らが登場。歴史の転換期、おもに幕末を透徹したまなざしで振り返る。
目次
目次

日本の歴史を点検する 海音寺潮五郎
天皇制とはなにか
産業革命と危機意識
西郷と大久保
日本人の意識の底
幕末のエネルギー

幕末よもやま 子母澤寛

近世人にとっての「奉公」 朝尾直弘

織田信長・勝海舟・田中角栄 江藤淳

日本人の行動の美学 奈良本辰也

吉田松陰の脂質と認識 橋川文三

坂本龍馬の魅力 芳賀徹

師弟の風景 大江健三郎

教養の厚い岩盤 解説・解題 関川夏央
商品情報
書名(カナ) レキシヲウゴカスチカラ シバリョウタロウタイワセンシュウ サン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年05月10日
ISBN 978-4-16-766323-0
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く