文庫
文庫

文春文庫

近代化の相剋司馬遼太郎対話選集4

司馬遼太郎

  • 定価:本体448円+税
  • 発売日:2006年06月09日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

世界の趨勢(公=スタンダード)とナショナリズムは、もともと矛盾するのである。それは、福沢が「脱亜論」を唱えた十九世紀末の東アジア情勢も二十世紀末中東情勢もかわらない。しかし司馬遼太郎は、アメリカが信ずる「正義」と、「正義」を実行する「蛮勇」に対して危惧の念を禁じ得なかった。そこで書き終えた原稿の末尾にさらに数行加筆して郵送した。それは以下のくだりであった。
「ついでながら、いわ湾岸でおこっていることも、公的な物差し(スタンダード)というものと、土着のナショナリズムとの相剋の問題である。しかしアメリカ以外にアラブに”脱亜論”をすすめるような”勇気”は、いまの地球上にさほど多くはない。結果が、自国にとって手ひどいことになることをしっているからである」(「この国のかたち」大六十一回『脱亜論』)(以上 解説・解題 関川夏央より)

漂流する「戦後日本」に強い危機感をいだく六人との対話。


目次

日本人よ”侍”に還れ 萩原延壽

英国の経験 日本の知恵 ヒュー・コータッツツィ

近代化の推進者 明治天皇 山崎正和

明治国家と平成の日本 樋口陽一

さいはての歴史と心 榎本守恵

日本人は精神の電池を入れ直せ 西澤潤一


「陰鬱な不機嫌」とは生来無縁の人、自立の人 解説・解題 関川夏央

担当編集者より
1991年はイラクのクウェート侵攻に端を発した湾岸戦争が始まり、またソ連崩壊により東西冷戦時代が終わりを告げた年だった。しかし目先の情況に対応するだけで何ら危機意識を感じず、漂流を続ける「戦後日本」。巨大な常識人たる司馬はこの時期、孤独であった——。日本は近代化を推進させるなかで何を学び何を失ったのか?
目次
目次

日本人よ”侍”に還れ 萩原延壽

英国の経験 日本の知恵 ヒュー・コータッツツィ

近代化の推進者 明治天皇 山崎正和

明治国家と平成の日本 樋口陽一

さいはての歴史と心 榎本守恵

日本人は精神の電池を入れ直せ 西澤潤一


「陰鬱な不機嫌」とは生来無縁の人、自立の人 解説・解題 関川夏央
商品情報
書名(カナ) キンダイカノソウコク シバリョウタロウタイワセンシュウ ヨン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-766324-7
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く